Microsoft Lens

By | 8月 10, 2021

まだスキャナアプリを使用していない人は、iOS版Android版のMicrosoft Lensを試してみてはいかがでしょう。それぞれの基本的な使い方は、次のリンク先に紹介されています。

PDF形式で保存する場合、「My Files」と「OneDrive」から保存先を選べます。My Filesに保存したファイルは、起動して表示される撮影画面の右上隅にある「︙」をタップすると、表示できます。OneDriveに保存したファイルは、別のスマホやタブレット、パソコンからもOneDriveを開いて参照できます。OneDriveに保存するには、「UECアカウントID@ms.cc.uec.ac.jp」でOne Driveにログインする必要があります。

お勧めの手順は、次のような感じです。

  1. Microsoft Lensアプリを起動し、キャプチャモードをドキュメント(DOCUMENT)に設定する。
  2. Microsoft Lensアプリで1ページずつ撮影しながら、必要に応じてキャプチャする領域を調整する。
  3. 全て撮影し終わったら、DONEをタップする。
  4. 保存先は「PDF」を選ぶ。
  5. 次の画面で、ファイルをスマホからGoogle Classroomなどにアップロードしたい人はMy Filesを選ぶ。パソコンからアップロードしたい人はOne Driveを選ぶ。

電気通信大学では、2021年6月からMicrosoft 365の運用を開始しています。そのMicrosoft 365にOneDriveが含まれています。Microsoftアカウントは「UECアカウントID@ms.cc.uec.ac.jp」です。そのアカウントでログインしようとするとUECクラウドアカウント「UECアカウントID@gl.cc.uec.ac.jp」で認証するように要求されるのは正しい動作なので、混乱しないでください。